スポンサーサイト

Posted by とうふや on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おじいちゃんと角砂糖

Posted by とうふや on 06.2005 0 comments 0 trackback
とある結婚披露宴での出来事

私が担当したのは新郎・ご両親卓9名様
おじいちゃん、車椅子で会場入り、着席。(普通に立ち座りは大丈夫でした)

主賓2名、ご挨拶中。
コンコンコンコンコン!
おじいちゃんの対面に居るおば様、しきりにテーブルを叩く。

見るとおじいちゃん、口を開けて居眠り中
(慣れないおめかし&遠出で疲れたんでしょうねぇ)
おかあさん、やんわり肩を揺り動かし起こす。

その後、お式中もなんとか正気を保って食事も細々と進みいよいよデザート。
食後のコーヒーをつぎ回る私は必死!
なぜなら最後のイベント
新郎新婦から、ご両親への花束贈呈。
この時のスポットライトを担当になっていたから。
間に合わなかったでは済みません。

おじいちゃんのコーヒーにミルクを注ぎ、次の隣りのおばあちゃんで最後。
カップにコーヒーを注いでいる時に見てしまったんです。

おじいちゃん、角砂糖の包装(紙)取らないでそのままコーヒーへIN!!
ヴァァァァ~~~~!Σ( ̄ロ ̄lll)
それじゃ甘くならないよ! って、それ以前に紙!!
アワアワしながらも、ごめんなさい。ダッシュでスポットへ。

その後、様子をうかがっているとどうやら隣りのおばあちゃんがコーヒーを混ぜていて浮いてきた紙を引き上げ何事も無かったようです。

よ、良かったよぉ。
おじいちゃんが飲んでノドに詰まらせたら、一生後悔したもん ( iдi ) ハウー!

もっと仕事ができるようにならなくっちゃね。
ごめんねおじいちゃん。(落ち着いたいい式で良かった~☆)
スポンサーサイト
Category : 言の葉


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tapdance.blog33.fc2.com/tb.php/9-005351e7
▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。