スポンサーサイト

Posted by とうふや on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VIBE - sound of crazy beat

Posted by とうふや on 25.2007 0 comments 0 trackback
場所:shibuya O-EAST

のっけっからヤられました!
何ですかあの衣装!!

今までは確かにスタイルに合ったファンキーな服や、ジャケットを羽織る事は有りましたけど。
完璧に衣装じゃないですかっ!

凄~く楽しませて頂きました(*^^*)
本当に面白かったです♪


~出演~
SUJI(TAP)
KENJI from 皷醒(percussion)
渥美幸裕 (guitar) 
BOND BOY HIDE (movie performance)
yorke. (live painting)
RED STORM(tap dance crew)

~GUEST~
BLOCK ON LOCK from LEGEND

                     (敬称略)
暗がりから現れた姿は 魔法使い!?

腰をかがめ、フードのついた長い羽織。
それは普通の羽織みたいに金のチェーンがついてるくせに、前ファスナーで締めてある(笑)
腰の部分から大きく膨らんでいるのは、その下に何かがあるから。
それを全て覆い隠す長さで、片手にはステッキを持っているからまるでグリム童話に出てくる森の魔女みたい。

しかもフードからのぞく赤い(朱色ですかね)花のついたハットに、いたずらな視線。
何かが始まる予感。
タップのライブとしてはかなり不思議なカッコウだが、それがまたワクワクする。
そう、いつもSUJIさんのタップは目が離せない。
リズムは勿論、その魅力ある動き。
サービス精神と言うか、遊び心と言うか(笑)
ステッキをゴルフのように床を打ち鳴らして、客席から笑いを取る。

羽織っている上着を脱ぐと、その下がまた面白い。
腰の部分から鶏の尾みたいな布がボリューム満点に垂れていて、しかもその根元には仮面!?

本当に不思議な衣装。
和と洋のコラボレーションと思いきや、下は中国風のトップス。
これもまた模様が綺麗。
SUJIさん、顔小さいからたっぷりした服が似合います。

次々に踊り、疲れないのかと心配になるくらい。
でも満面の笑みは消えない。
きっと気分は最高!なんだと伝わってくる。
中盤にゲストのストリートバスケ。
これはスーピード感もあって、見ごたえ十分。
かっこよかったです!

もう一人、アートとのコラボレーション。
床にじかに絵の具を落し、その上を踊りながら色が広がっていく。
この雰囲気にデジャヴを感じたんです・・・

絵と音楽のパフォーマンス。
そう、長らくのファンである石井竜也氏のアートヌード。

今回のライブの衣装も派手さといい、雰囲気といい石井さんが好きそう(笑)

(こんな所に共通点を見つけてしまって、ちょっと嬉しくなってしまいました)

「押している」との事で、怒涛の勢いでアンコールまで駆け抜けました。
気力、体力、底力を見せていただきました。
SUJIさんのやりたかった事、見せたかった事、その笑顔が、ステップが全て伝えてくれました。

お父さんの言葉で『ダンスで飯は食えない』
そしてその後のSUJIさんの『踊るなとは言われなかった』との言葉。
スクリーンにつぶやきのように文字が浮かび、その前で無心に踊っている。
文字だけの画面に、親子の姿が見えていたのは私だけではないはずです。

来月の教会ではどんなパフォーマンスを見せてくれるのでしょうか。
そしてその後海外へ、刺激を受けに!?
どんどん進化して行くタップダンサー。
同じ時を生きていられて良かった!
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tapdance.blog33.fc2.com/tb.php/326-2b018dba
▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。