スポンサーサイト

Posted by とうふや on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

flowers ダンス・パフォーマンス<PARADISE>

Posted by とうふや on 04.2006 0 comments 0 trackback
場所:ギャラリーサージ(神田)

REVOのパフォーマンスではレレレのおぢさんだった松島さん。
グリーンディスティニーの素子さんとのダンスがとても印象的で・・・
パパタラとはまた違うパフォーマンスと言う事で、行ってみました。

路上の並び~両脇は普通にビルがあったりする~そんな場所

ギャラリーサージ

出演
吉本由美 / 松島誠 / 大儀見元       敬称略


とにかく幻想的で、不思議な空間。
日常と非日常の境目=ガラス一枚 そんな感覚 


写真は終演後のギャラリー、大儀見さんです。

saji

カラッポの空間で
心に録音された音の記憶を持つ男の人
明かりの記憶を光るブランコにした女の人
記憶の在処を予感する女の人
記憶に連結するスイッチのひとつを持っている男の人
ただただ耳を澄ます男の人が出会う。
ダンスと音、明かりのコラボレーションの果て、
彼らの影は黒々と空間にしみ込み、重なって行く。




真っ白な空間、ギャラリーの中には蛍光灯の灯り。
女の人が一人、何かを感じながらゆらゆらと部屋を漂う。
と、一箇所に止まる。
それを知るとも無く男が一人、部屋へ入る。
止まっている女の形を抜き取ると女はその形を再現すべく繰り返す。
男がまた一人。
何かを探っている。
時に何かに弾かれ、それを掴もうと動く手。
狭い空間なのにそれぞれの存在はそれぞれを意識しない。
蛍光灯が落とされ、裸電球が灯火される。
それが激しく揺れると、呼応して女は踊り走りまわる。
パーカッションのリズムと乱れる光が激しく気持ちをかき乱す。
やがて男も踊り走る。
光のブランコは音に呼応し息づいている。
それを感じ、それと共に踊る男。
やがて女も加わり、空間は熱くうねる。
女が部屋を出て行き、男も飛び出して行く。
残された男は光と呼応しながらリズムを刻む。
やがてゆっくりと部屋の外へ出、闇へと消えて行く・・・


パフォーマンスの状況だけを書くとこんな流れでした。
場所はギャラリーなのですが、見る側の私たちはなんと外!
ガラス張りのギャラリーそのものが一つの空間。
なので、そのガラス一枚こちら(道路端)が客席。
時々、吉本さんや松島さんがそのガラスを引っかいたりぶつかったり。
近いのでリアルに衝撃や音を感じます。
また、大儀見さんは部屋の片隅でさまざまな音を出して、空間の演出をしていました。
時にはギャラリーの入り口であるガラス扉を叩いてのリズム。
言葉は一切無く、途中松島さんが外にいる時客席にひょっこり顔を出してみたり(演技は続いています)、歌ってみたり。
見ている私たちは道路沿いなので、バイクが通ったり、シャッターがしまる音がしたり(笑)

でもそのガラス一枚向こうでは激しいダンスが繰り広げられていたり。
内容もですが、見方も面白かったです。

え~マニアックな感想を言いますと。
松島さんの動き、静から動への変換の早さ。
そして芯がある状態から一気に脱力しての動き。
始めに部屋へ入った時の、手の動きや動作は目が離せない!
後半の激しいダンスでは、まるで部屋が傾いてるかのように壁に足を着いてナナメに移動したり。
座っていたはずなのに、す~っと立っていたり。
光のブランコでの表情と、後ろ向きでの背中はなんとも言えない恍惚感♪
あ~素敵だなぁって(笑)

今度ソロの公演も見に行ってみたいと思います。
その前に海外で公演だそうです。頑張って下さいね!!
スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tapdance.blog33.fc2.com/tb.php/164-5f187fc9
▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。