スポンサーサイト

Posted by とうふや on --.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪腕コーチング タップ編

Posted by とうふや on 02.2006 2 comments 0 trackback
同日、スタジオはご本人のレッスンだったそうですがリアルタイムでTVを見てました。
(サボった訳じゃなく、月初で残業だった為です)

芸人さん(まぁおひと方はプロレスラーですが)って大変ですね。

たった10日、しかも通常の仕事をしながら見られる作品を作る。
教える側もプロなだけに妥協は出来ない。
前半の今回は、基礎である<足>を作り、ステップを覚える。

中野先生の厳しい事!?
私も始めたての頃は足が痛くて、たった1.5時間のレッスンで(しかも週1回なのに)筋肉痛に苦しみました。
連日基礎、しかも同じステップを2時間も繰り返す!
体にしっかりと覚えこませる。
確かに、舞台に上がった時『次のステップは…?』などと考えるようでは駄目なんです。
(ごめんなさい、ごめんなさい^^;)

素人とは言え、これだけ繰り返し体に擦り込めば覚えられる。
プロとしての経験が、無謀とも言える企画を現実にする。

そして対極的なHIDEBOHさんのコーチ。

楽しく個性を伸ばす方向で。

これはご自身の、数ある教え経験から来ているのでしょうか。
街中や車に乗っていても、リズムを刻む。
子供の頃から厳しい稽古で培われた才能。
努力無くして今の場所へはたどり着けなかったはず。
オリジナルのスタイルを生み出し、それを世界に知らしめた奇跡。
それを押付けるわけでもなく、やんわりと引きあげていく。

う~ん、さすが(-_-)親子そろって誉め上手です。

人に何かを教えるという事は、とても根気がいる作業。
それを生業としている世のプロは、誰もが独自の方法を持っているんですね。
来週の二組の結果が楽しみです。
スポンサーサイト

見た見た、ビデオで。
全くの初心者で5日間であそこまでできるってすごいね。
さすが芸人。(レスラーさんもいますが)
でも、緊張感のある舞台を経験してる人の集中力って半端ないそうです。
台本はあるけど、ほとんどがアドリブの世界。
私達ド素人とはわきゃー違います。^^;
舞台になれるには場数を踏まないと。
つーか、技磨けってかー!笑

私も褒められて伸びるタイプなので
中野先生だと続かないかも。
2006.05.02 18:49 | URL | ぴょん。 #- [edit]
芸能界は特殊な世界だろうからねぇ。
想像できません。
でも、中野先生の教えなら間違いなく覚えますね、体が。
ただタップを続けていける・楽しいものとは思えなくなりそうです。
今回は10日という期限なのでここまでスパルタなのかもしれませんが・・・
偉業を成し得た偉人は自分にも他人にも厳しいのですね。
2006.05.03 12:53 | URL | とうふや #NqNw5XB. [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://tapdance.blog33.fc2.com/tb.php/145-7f1b3d04
▲ top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。